English
シドニー(Sydney)


シドニーMAP


■ エアーズロック~シドニー

 ゆっくり起きてチェックアウトを済ませ、最後の朝御飯をゲッコーズカフェで取っていたら、 見るからに宝塚歌劇団風の3人連れが現れた。 その内の一人がスターのMさんに似ていると家族が話していたが、後で空港で見かけたというブログを発見したのでMさんに間違いなかったのでしょう。 マーケットでお土産を購入し、エアーズロックを後にする。
 カンタス航空(QF0729/13:25→16:50/2h55m)でエアーズロック空港からシドニー空港へ向かう。行きと同じアウトバックの赤い大地が延々と続く。 シドニー行きの飛行機はエアーズロック行きと同じ左側の座席で、着陸前にオペラハウス、ハーバーブリッジを見通すことができた。
アウトバックの赤い大地 シドニーの街並みが近づく ハーバーブリッジとオペラハウス

■ シャングリラホテル

 陽気なドライバーのハビビさんに出迎えてもらい、シャングリラホテルにチェックイン。 クラブフロアに向かうエレベーターで、日本の民主党のN国家公安委員長に会う。 ゴールデンウィークを利用してシーシェパード捜査協力要請のためにオーストラリア訪問中だったようだ。
 シャングリラホテルの部屋は高層階で、窓からハーバーブリッジとオペラハウスを見通せる最高の景色! アメニティもロクシタンで家族はご機嫌。

シドニー湾を一望 ハーバーブリッジ オペラハウス

■ シドニー・ハーバー

 ディナー予約のアクアダイニングに向かうために、ホテルを出発してサーキュラーキー、ロックス地区を散策。ロックス地区は岩が多いため、ロックス(The Rocks)と名付けられたそうだ。 ハーバーブリッジの登リ口の近くにはアーガイル・トンネル(アーガイル・カット)と呼ばれる、囚人たちが手で掘ったトンネルが残されている。オーストラリアに移住者として最初に送り込まれた囚人たちが24年間かけて掘ったものだそうだ。

サーキュラーキー ハーバーブリッジ オペラハウス アーガイル・トンネル

 ロックス地区からハーバーブリッジに登り、シドニーハーバーを歩いて渡った。 ランニングする人がたくさんいて、シドニーはジョギング&ランニングの街だ。 ナイトテニスの人もいた。 対岸のミルソンズポイントまで渡り、オペラハウスを全方位から見渡すことができた。 ハーバーブリッジとオペラハウスをバックに記念撮影して、アクアダイニングへ。
ハーバーブリッジに登る アウトドアでテニス中 ロックス地区とオペラハウス
ハーバーブリッジから望む角度違いのオペラハウス
ミルソンズポイントから見るハーバーブリッジとオペラハウス アクアダイニング隣のルナパーク


 アクアダイニングはシドニーオリンピックの水泳会場に面していて、 水泳プール越しにシドニー湾、ハーバーブリッジ、オペラハウスが見通せる絶景のレストラン。 オーダーが上手く伝わっていなくてアラカルトが1皿足りなかったけど、おいしいレストランだった。

■ シドニー市街

 翌朝は部屋から朝焼けのシドニー湾を眺めながら起床。ハーバーブリッジとオペラハウスが間近に見えてとても幸せな気分だ。 朝食会場のクラブフロアからもシドニーのハーバーを一望でき、見晴らしが良い。
シドニー湾の朝陽 夜明けのシドニー湾 ハーバーブリッジ オペラハウス

ミセスマッコリーズポイント
 今日はミセスマッコリーズポイントを振り出しにシドニー市内を一日中歩き回る。 タクシーで王立植物園のミセスマッコリーズポイントまで行き、ハーバーブリッジとオペラハウスをバックに記念撮影。
 その後シドニー湾沿いに遊歩道や植物園の中をオペラハウスまで散策。刈り込まれたような形のオブジェの近くでは、たくさんの野生のオウムが地面をついばんでいた。オペラハウスの周りでは海鳥が羽根を休めていた。
王立植物園から見たシドニー湾 王立植物園のオブジェ オウムの群れ オペラハウスと海鳥

 オペラハウスの外装は近くで見ると白とベージュのタイルで細かく貼り分けている。 トイレに寄ったがインテリアもスタイリッシュだ。 シドニー港に戻って、サーキュラーキーからロックス地区を散策する。
オペラハウスの外装タイル シドニー湾のホテル街
ハーバーブリッジ オペラハウスとカフェテリア ロックス地区

QVBの吊り時計
 シドニー港エリア散策の後は、無料バスでクィーン・ヴィクトリア・ビルディング(QVB)まで移動。歴史的な建物だけあって、名物の吊り時計もかなりクラシックで、記念写真撮影の人気スポットになっていた。お勧めのアフタヌーンティーのランチを楽しんだが、デザートが大量でお腹いっぱいになった。(なお、QVBのティールームはこのWEBを書いている2021年はCOVID-19の影響で休業中とのこと。)
 ランチ後はダーリングハーバー~ストランドアーケード~ピットストリート~マーティンプレイス~ハイドパーク~セントメリーズ大聖堂と市街地の中心部を散策。 2万歩以上歩いて疲れ果ててホテルに戻った。
QVBのステンドグラス QVB外観 ダーリングハーバー
ストランドアーケード ピットストリート マーティンプレイス
シドニータワー アーチボルドの噴水 セントメリーズ大聖堂


■ ディナークルーズ

デッキから見るオペラハウス
 最後の夜はシドニー湾のディナークルーズへ。  ホテルから歩いてサーキュラーキーに向かう。 18:30の出港時にはすっかり陽が落ちて夜景がとても綺麗だ。 クルーズ船に搭乗し、デッキに出て、ウエルカムシャンパンを手にオペラハウス、ハーバーブリッジの夜景を堪能する。 見慣れた光景でも、船上から見るとまた新たな感動だ。 クルーズ船ではオーストラリアの赤ワインでコースディナーを完食。
 下船後はサーキュラーキーの夜景を再び楽しんで、ホテルに戻ってからシドニー湾、ハーバーブリッジ、オペラハウスの夜景を見納めにした。
クルーズ船から見たシドニーの街 サーキュラーキーの夜景 ホテルから見たシドニー湾

■ シドニー~日本

ハーバーブリッジとオペラハウスのライトアップが消えている
 朝4時半にハビビさんのピックアップで空港に向かう。 フリーウエイが閉鎖されていたので昨日観光したセントメアリー大聖堂など、市内を通り抜けて空港へ向かった。 5時にシドニー空港でチェックインし、国際線の免税ショップで最後の買い物。 空港のラウンジ前から見た朝日がきれいだった。 朝が早かったので、シドニーからケアンズまでの約3時間のフライトの大半は眠っていた。

 ケアンズから日本へ帰るジェットスターはスタークラスを利用して昼間のフライトを満喫した。 飛び立ってからすぐに、飛行機は珊瑚礁の海の上に出た。 右側の窓際席だったので、グレートバリアリーフ側の青い海と珊瑚礁を眺めることができた。 機内ではほとんど呑んで過ごしたが、日本到着前にビデオ(インヴィクタス)が後少しのところで回収されてしまった。 午後7時過ぎに関空着。時差ボケの疲れも無く、元気に帰国できた。
グレートバリアリーフの珊瑚礁




[前へ]   [TOPに戻る]